So-net無料ブログ作成

科学教育,2つの誤解

 選挙の行方は心配した通りになりました.マスコミの誘導にやすやすと乗ってしまう人たち.何とわかりやすい国民性.
 右翼党の安倍総裁は,さっそく憲法改正への並々ならぬ意欲を見せているそうです.あな恐ろしや.
http://news.livedoor.com/article/detail/7240843/

 さて前回の続きです.
 テレビ番組では科学的な「証明」よりも,一時しのぎの「説明」が幅をきかせている.その背景には,疑問の提示>回答>次の疑問の提示>・・・という形式へのこだわり,ないし科学番組はかくあるべしという信仰のようなものがあるらしい. で,それと関係するかどうか定かではないけれど,科学教育の常識について少し考えてみたい.ポイントは2つ.

 まず,第1のポイント.
 「なぜ?」と疑問を持つことが,科学への入門なのだ,と昔から言われている.あまりに一般的なので,これに異を唱えるのは大変かもしれない.しかし私は違和感をぬぐえないので,あえて発言します.

 科学研究の具体的な現場を想像してください.たとえば生物の分類学を研究している人は,「なぜ?」という疑問に駆り立てられているだろうか? 答はもちろんNOだ.では分類学者は疑問を全く持たないか?というと,それも違う.「ここにはどんな生物が生息しているのだろう?」「これはどういう種類の生物なのだろう?」etc. etc. というふうに,さまざまな疑問と向かい合っている.いろいろある中で,「なぜ?」は,多くの疑問のごく一部に過ぎない.研究の現場では確かにさまざまな疑問に遭遇する.しかし少なくとも生物学に関しては,疑問のすべてを,「なぜ?」で代表させることには無理がある.

 遠い昔にはニュートン力学が「科学」のモデルだった.そういう世界では,「なぜ?」という疑問を持つことが極めて大切だったのかもしれない(本当はどうか知りません).生物学は科学として遅れた分野であり,まだ科学の域に達してないのだ,と強弁することもできたかもしれない.しかし,それは昔の話だ.現代の生物学(分類学も含め)を「科学ではない」と言うのは無理である.科学が扱う分野が広がり,研究方法も多様になった.現代科学のスタイルは20世紀初頭までとはずいぶん違ったものになっている.

 科学研究のさまざまな局面において,なすべきさまざまな作業がある.それらの作業リストの中で「なぜ?」が占める領域は少ない.「なぜ?」だけを科学の原動力というふうに捉えたら,科学の研究は,やせ細ったものになってしまうだろう.研究活動の原動力は,そのように定式化された「疑問」ではなく,疑問も含め研究対象への尽きることのない興味である,と私は思います.

 次に,第2のポイント.
 「なぜ?」という疑問を持ちなさい,というアドバイスとともに,広く流布している思想は,科学の方法とは「仮説の検証」だという説である.なるほど,実験による仮説の検証は,研究活動の中で重要なステップには違いない.しかし,「それが科学だ」と言い切ってしまうのは,これも無理がある.仮説に至る前に,さまざまな情報獲得の積み重ねがなければならない.この段階では「実験」による検証よりも,しっかり現象を「観察」することのほうが重要になる.観察によって新しい事実が判明したら,それを「科学の進歩」と呼ぶことに私は何のためらいもない.仮説の検証だけが科学ではありません.

 また,仮説の検証といっても,何か特別な思考をするわけではない.普通に論理的に考えるだけだ.むしろ仮説を検証するというスタイルにこだわり過ぎるのはマイナスです.ニュートンは「私は仮説を作らない」と言いました.スタイルへのこだわりは自由な思考の妨げになる.だいいち,あまり堅苦しいのは面白くない.楽しくない.

 安易に仮説を作らないほうが良い場合もある.何でもすぐ「説明」を求めたがる頭デッカチ人間になってはいけない.むしろ,わからないことはカッコにくるんでおいて,とにかく情報収集に徹するという手法のほうが,より現実的ではないだろうか.そのほうがゼッタイ面白い.新しい情報がどんどん入って来るという楽しみもある.そういう楽しさをこそ,子供たちには体験させてあげたいと思う.

 まとまりのない議論になってしまったので,「要約」を書いておきます.

1.「知りたい」という欲求は,子供を科学に向かわせる1つの動機ではあるが,それが全てではない.また「『知りたい』という欲求」を「『なぜ?』と疑問をもつこと」と言い換えたら,入門への間口を狭めてしまうことになる.

2.実験による「仮説の検証」は,たぶん自然科学に特有の方法である.しかし,それは自然科学の多様な側面の1つに過ぎない.

3.勉強とは楽しいものである.特に自然科学は,人を夢中にさせる多くの要素をもっている.その楽しさに気付かせることが,科学入門への扉として重視されねばならない.

テレビ番組の科学性

 NHKのネイチャーものについて,いつも不満に思うことがある.先日は英国のアナウサギのお話.
 こりゃダメだ,と思ったのは,たとえば次のような箇所です.

 オコジョに狙われたアナウサギは尻尾を立てて逃げる.なぜ尻尾を立てるのか? 尻尾の下面の白色を目立たせることで,仲間に危険を知らせているのだ,と.
 そういう解説である.

 「おいおい」と私.「尻尾の下面を茶色に塗ってみたら,仲間がオコジョに気付かなくなった,というような実験でもしたのかな?」
 「そもそも仲間に危険を知らせるメリットはどこにある? 仲間がオコジョに食べられたら競争相手が減って,自分の領地が増えるじゃないか.仲間に危険を知らせないほうが,メリットが大きいと思うゾ」
 などとボヤいていたら家族に叱られた.テレビは黙って見なさい,ですと.

 大体デスね.NHKはすぐ「〜だからです」という説明をしたがる.説明は説明であって,一時しのぎ,その場限りのものである.こういうのを科学論では「アド・ホック」と言います.科学者が「やってはいけないこと」の1つです.

 「説明」は「証明」ではない.きちんとした証明をすることで,知識を1つずつ確認して行く.それが「科学」という作業である.安易な「説明」を与えて次の話題に移っていくのは,科学的とは言いがたい.ところがNHKのネイチャーものでは,必ずと言っていいほど,このテの「説明」が入る.視聴者が感じるであろう疑問に対し,はっきり回答してから次に進みなさい,というようなことが,番組作りのマニュアルに書いてあるのだろうか.

 未知の大海原を前にして,砂浜で貝殻を見つけて喜んでいる子供.自分は大きな発見をしたと言われているけれど,実はそういう子供のような存在でしかない.この有名な発言はニュートンが科学者としてだけでなく,政治家としても才能があったことを示すものだと私は思うのですが,それはそれとして...
 とにかく生物の世界は謎に満ちみちている.「なぜ?」と尋ねられて,「それはですネ〜」と確実に答えられるようなことは少ないでしょう.アナウサギが尻尾を上げて走る理由ひとつにしても,問題の所在をしっかり整理して,要所を押さえた実験をして初めて正解に達することができる.

 しかし,それでは面白くない.スムーズなストーリー展開ができない.テレビ番組としては,事実の提示>視聴者が「なぜ?」と思う>それに回答を与える>次の事実の提示 というスタイルで進めたい.少なくとも視聴者の疑問を無回答のまま放置してはいけない.そういう要請,ないし番組制作上の都合がある.その都合に対応するためには,適当な説明でお茶を濁しても構わない.いーじゃないデスか,たかがウサギの尻尾.大きな問題じゃないでしょう?

 意図的か無意識的にかは知らないけれど,結果としてそういう番組になっている.科学的真理よりもプレゼンテーションのノウハウが優先されている.
 NHKのこういう番組づくり方式が波及して,お陰様で安易な「説明」に日本中が慣れてしまった.番組の非科学的思考が見本となり,お手本となり,子供も先生もその方式を採用する.科学とはそういうものだ,という誤解が蔓延する.これは考えてみれば大変なことです.ウサギの話だけでなく一般論として,「科学的であること」に日本人はもっと固執すべきだと私は思います.
 もう少し続けたいのですが,ひとまず今回はここまで.

 ところで,話はしこたま飛躍します.
 選挙の行方が気になります.
 時代の変わり目.たとえば国が破局に向けて大きな一歩を踏み出そうとしているような時,政府のお抱え広報機関はイメージ戦略をとる.そして人々はイメージに囚われ,科学的であること,論理的であることが軽視される.日本はそのようにして,あの戦争に突き進んで行った.今この時代,「科学的であること」の重要性は,いくら強調しても足りないでしょう.

ウサギの話

 NHKの「ワイルドライフ」(だったか?)という番組で,英国のアナウサギを紹介していた.ということで今日はウサギ談義です.

 アナウサギのことを英語で rabbit と言います.知ってるネ.ペットとか動物実験用のウサギはアナウサギです.野生のものを「アナ〜」と呼ぶ理由は,ノウサギと比較すればわかる.ノウサギは子供を地上に産むのに対し,アナウサギは穴を掘って,その中で子供を産む.

 英国のノウサギは手足が長く,草原の上を飛ぶように走る.精悍な動物だ.対してアナウサギはぴょこんぴょこんと跳ねるように走る.「美しい自然が〜」とNHKは言っていたけれど,アナウサギがよく見られる場所は,人為の加わった場所が多い.本当のワイルドな自然にはノウサギが住んでいる.ノウサギは英語ではラビットではなく hare といいます.

 日本にいる野生のウサギはノウサギです.英国のノウサギと違って手足が短く,まるでアナウサギのように見える.脱兎(だっと)のごとくという言葉があるので,足は速いかもしれない.ニッサンのクルマがダットサンと自称していたのは,ノウサギの速さにあやかりたいという願望からかも,それにしても日本のノウサギは,英国のノウサギのように,草原を「飛ぶように」走るとは思えない(想像できない). それ以外の動物学的な(解剖学的な?)属性から,アナウサギではなくノウサギとされているのでしょう.子供を地上に産むという習性から言っても,まさにノウサギ.

 英国ではどうか知らないけれど,日本のノウサギは野兎病を持っていることがある.これは野兎病菌Francisella tularensis というバクテリアによる病気だ.人は吸血昆虫とかダニを介して感染するし,皮膚から直接感染することもある.空気を吸って感染した人もいる.だからノウサギの死体に素手で触るのは,やめた方が良い.野生動物の研究家はウサギの死体を扱うことも多いと思うので,くれぐれも注意して欲しい.

 英国のアナウサギというと,すぐ連想するのがピーター・ラビットという絵本.この本からも判る通りラビット(アナウサギ)は農作物を荒らす害獣だ.作者のベアトリックス・ポターは,この本を書くことで,湖水地方の自然を守り抜いた.ナショナル・トラスト運動の元祖とでも言うべき存在です.今やポターの家も含め湖水地方は世界中から(特に日本から)観光客を呼び込む重要な観光資源となっている.

 毎度のことながらNHKのネイチャーものは,ツッコミどころもたくさんある.その話は,また今度にしよう.
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。