So-net無料ブログ作成
検索選択

スマートアグリ

 NHK「クローズアップ現代」が新しい農業をとりあげている.5月20日に放映されたものだ.タイトルは「農業革命“スマートアグリ”」.
 その内容(要旨)は次の通り:

- いま国や農業関係者が熱い視線を注いでいる国がある。九州と同程度の面積にも関わらず、世界第2位の農業輸出国であるオランダだ。その秘密は、世界最先端 の「スマートアグリ」。日本のIT農業や植物工場とは桁違いの規模と徹底ぶりで、トマトやパプリカなどを栽培している。東京ドーム何十倍もの敷地、光量や CO2濃度など500以上の項目で制御された人工繊維の畑。さらに、コンサルタントが研究機関の先端技術と農家を結び、常に最適な農業が追求されている。 いまTPP交渉への参加に揺れる日本の農業。各地で“日本型スマートアグリ”構築の模索が始まっている。最先端のスマートアグリの実態と日本での可能性を取材し、日本農業のこれからについて考える。
  (NHKのホームページ
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3349.html
から転載)

 とーとつですが,ここで少し脱線します.
 この短い文章の中に「最先端」という語が2つ,「最」のつかない「先端」が1つ出て来る.いずれも不要な語である.すべて省略しても文意や文の流れに何の影響もない.大げさに言いたいとき,何かを立派に見せたいとき,視聴者を煽動したとき,NHKはこうした誇張表現をよく用いる.
 それに「先端」は最近のNHKが特に好んで用いる語の1つである.この語が出てきたら,「また洗脳放送だ」と考えた方が良い.

 そういう訳で,この話題ももちろんTPPとの関係で取り上げたのだろう.農産物の貿易自由化を警戒する農家は努力が足りないんだ.世界の先進技術を勉強して,工夫をこらした農業でTPPを乗り切れば良いではないか.というふうなメッセージが背後に見え隠れしている.

 上記のような誇張表現を無視して普通に素直に眺めれば,オランダの農業は興味深い.ふ〜ん,そうなんだ.と感心する.しかし,日本の農業の未来はコレだ,というふうな提示のされ方をすると興ざめしてしまう.いつからNHKは,こんな役人顔をするようになったのだろう.昔の「クローズアップ現代」は,もっと機智に富んだ,爽快な番組であったように思う.


 さて,
 一般論として,均一な環境で純粋に1種類の植物だけを栽培すれば,収量は増加すると思う.バクテリアの純粋培養のようなもので,夾雑物(他のバクテリアなど)をいっさい排除すれば,菌の密度は著しく増加する.植物栽培でも,それと同じような現象が期待できる.たぶん理想的なのは実験室内のような環境で水耕栽培をすることだろう.それに近いものを広大な面積で実施すればよい.しかし,これには困難がいろいろ予想される.その1つが害虫・害獣・雑草対策だ.

 農地の周囲に豊かな自然があれば,さまざまな生物が農地に侵入して来る.夾雑物のない純粋培養のような農地は侵入生物に弱い.特に昆虫は好適な条件があれば,こういう単純な生態系の中で大発生して,大きな被害をもたらすことがある.だから恐らく殺虫剤の使用は不可欠で,大規模な農園ではその使用量も大規模になる.これは名案とは言えない.

 殺虫剤よりも,もっと良い方法がある.それは農業それ自体を,他の生物があまりいない環境で実施することだ.日本の山村では自然が多く残っているので,農地に害虫も入り込みやすい.だから最良の害虫対策は,都市部で農業をすることだ.そもそも町の中なら昆虫が少ないし,どういう昆虫が農地に入り込み易いかを予測できて,対策も立てやすい.
 つまり,このオランダ式農業は,自然をとことん排除することに成功のカギがある.広大な均一な農地を確保するためには,それよりさらに広大なエリアを大規模に自然破壊する必要がある.日本の国土でそれをするのは無理である.可能であったとしても,やってはいけない.

 蛇足ながら... 自然破壊とは「自然を破壊すること」ではない.農業は多かれ少なかれ自然を破壊する.しかし,やがて自然はそれなりに回復し,農地も含め新たなバランスができあがる.それが日本の里山だ.一方,オランダ式大規模農業は自然をとことん排除し,破壊し尽くしてしまう.破壊された自然は決して回復することはない.これを自然破壊という.

 オランダと日本の違いは2つある.まずオランダはそもそも平地しかない国である.日本は山の国だ.オランダでは大面積の平坦な農地を確保しやすいが,日本では難しい.これが第1点.
 第2に,そもそもオランダほどの緯度になると昆虫そのものが少ない.おまけにヨーロッパの農業は自然をひどく破壊する.たとえば羊を飼うと,あたり一面が芝生になる.世界中が羊を飼えば,地球から森林が消えてしまうだろう.ヨーロッパはそういうスタイルの農業(牧畜)をやって来た国々である.だから貴族の領地などを例外として,昆虫相は著しく貧弱である.日本の風土はその対極にある.

 オランダ式「スマートアグリ」は興味深い実践である.しかし日本でそれを大規模に実施することには,私は自然保護の立場から反対を唱える.それにオランダ式農業の礼賛は,TPPの日本農業への影響から目をそらせるための宣伝という色合いが強い.テレビの視聴者は頭を冷やしてもう一度よく考えてみたほうが良い.

キーワードは「米国化」

POP02-2.jpg
 日本の米国化.それが安倍政権のめざす日本だ.

 たとえば農業.生産性が低いのだという.日本の農家は努力が足りないらしい.「国際社会」では「生き残りをかけた」競争が行われているのだと,国営洗脳放送が毎日ことあるごとに言っている.

 テレビを見てはいけません.これほど繰り返しインプットされたら,よほど自分をしっかり持っている人でも洗脳されてしまう.大規模な自然破壊を前提とした米国の農業と,自然との対話を基調とする日本農業とでは,そもそもの成り立ちが違う.しかし洗脳されてしまった人は米国式の農業を日本でも始めようとするでしょうね.

 たとえば医療制度.日本が誇る国民皆保険はどうなるだろうか? この制度の有難みは,自分や家族が大病を患ったとき実感される.
 日本がTPPに参加したら,行き着く先は米国の医療制度.うっかり病気もケガもできない.治療費の払えない貧乏人は死ぬしか選択肢がない.絶対に受け入れてはならない制度です.ここまで言ってまだピンと来ない人は,映画「シッコ」でも見てください.
 医療制度だけではありません.マスコミは小さなことのように報道しているけれど,TPPは日本の社会を根底から破壊し,米国化を押し進める爆破装置です.

 話をもとへ.
 たとえば子供英語教育.日本語がまだ身につかない幼児の年齢から英語を教えるのだという.この国は狂っている.日本人を育てたいのなら,まず日本語をしっかり習得させるべきでしょう.優先順位を間違えてはいけない.外国語の習得は,もっと後にすれば良い.それではダメですか?
 それとも日本政府は,英語は「外国語」であってはならないと考えているのだろうか?
 英語は国により地方により多種多様な言語だ.しかしテレビから聞こえて来るのはアメリカ英語ばかり.これも異常.

 たとえばマスコミ.そういえば国営放送が昔やっていた「おはよう世界のトップニュース」とかいう番組が最近見当たらない(*).たしか米国だけでなく,英国,フランス,ドイツ,ロシア,アラビアなどのニュース番組も放映していたはず.「どうなってんだ?」とチャンネルをいじったら,民放で米国のニュース番組を流していた.米国の天気予報までやっている.あきれてしまいました.
 世界には多様な国々があるのに,テレビから流れて来るのは大本営発表と米国のニュースばかり.何度も言いますが,本当にこの国は狂っている.
   (*)NHK様が外国ニュースを取捨選択して教えてくれる World Wave とかいう番組はあります.NHKというフィルターを通過した検閲済み情報だけが国民に与えられる仕組みです.

 たとえば憲法改正.いまの憲法は米国に「押しつけ」られたものだ.押しつけでない「自主憲法の制定」は自民党の党是である.そこで,まず平和ボケの憲法を書き換える.すると日本は「戦争のできる国」になる.
 そして中国と戦争をする.というのは冗談だけど(冗談だけにして欲しいけど),それは最悪の,しかし全くあり得ないわけでもないシナリオ.

 もっと現実的なシナリオもある.日本が「戦争のできる国」になったら,いま最も喜ぶのは米国でしょう.小泉内閣はイラク戦争に自衛隊を送ったけれど,日本国憲法の制限下でできることは限られていた.憲法を改正すれば,その制限がなくなる.堂々と日本軍を戦争に狩り出すことができる.安倍首相が,しきりに「集団的自衛権」を強調するのは,そういう理由からでしょう.
 米国に対し,そこまで奉仕する.何と卑屈な姿勢ではありませんか.「押しつけ」られた憲法だから「自主憲法を制定」したいなどは大ウソ.どこが「自主」ですか.ただひたすら米国にひれ伏し,貢(みつ)ぎたいだけの売国政策です.

 世界で最も好戦的な国.巨大な軍事費と優れた科学力を背景に,いつも世界のどこかで戦争をしている国.それが米国だ.その戦争に日本軍を使ってください,というのが「集団的自衛権」に込められた安倍首相のメッセージ.「戦争のできない国」だった日本は,「戦争が日常である国」に変貌する.これも日本の米国化だ.

 この調子だと,いずれ日本軍は米軍の指揮下に置かれる可能性もある.すると日本兵士は指令,つまり「耳からの」アメリカ英語を理解できねばならない.なるほど日本人には子供のときから英語教育を施したいわけだ.
 そして,もちろん社会システムが似ていればいるほど,この「日米同盟」(つまり日本が米国の手先になって戦争をすること)はうまく事が運ぶ.日本を「米国化」することには,そういうメリット?もある.

 かつて小泉内閣は日本を変えて,「米国化」に向けて大きく舵をきった.たとえば派遣労働が普及し,勤労者の権利は大きく制限されることになった.かつては「一億総中流」と揶揄された,あきれるほどの平等性が,日本人の活力の源泉だった.今では人々は管理と競争と,「頑張れ」というかけ声で働かされている.

 貧富の差が拡大し,「勝ち組」「負け組」という言葉が流行した.民営化が押し進められ,それを監視するのが役人の仕事になった.定年後の役人の「天下り」先も増えた.小泉内閣の施策により,地獄にたたき落とされた日本国民は多い.大企業や既得権者に甘く,庶民には厳しい「改革」であった.
 そう.小泉改革により日本という国は,著しく米国的になった.いま安倍首相は,小泉氏と全く同じ路線をなぞっている.その行き着く先は日本のさらなる「米国化」以外にありえない. Make Japan American(日本を米国ふうに改造せよ)だ.

 安倍首相は「ナショナリスト」ではない.ひたすら米国に愛嬌をふりまくだけの人だ.この国を米国に売る似而非ナショナリスト.この男の正体が,君には見えているだろうか?

クイズのような

あげたい日本.jpg
 たとえばバスに乗ったとしよう.運転手の仕草が心もとないので質問してみる.
私「あのぅ,ちょっと質問ですけど.あなた,どれがブレーキか知ってますか?」
運転手「そんなクイズみたいな質問しないでください」
 さて,この運転手は私たちを目的地まで安全に運んでくれるだろうか?

 同じような問答が国会でされている.憲法の条文に関する小西ひろゆき議員の質問である.この時の運転手(つまり安倍首相)の返答は,この運転手はブレーキの位置はおろか,クルマについて何も知らないのでないかと思わせるほどのものだった.
http://blogs.yahoo.co.jp/konishi_hiroyuki_524/17551063.html
 この記事を読んで,背筋の寒くなるような感覚を憶えた人も多いのでないかと思う.日本国というバスをいま運転している人は,じつはブレーキペダルの位置も知らないのだ.

 さらに驚いたのは,この小西議員のブログに多数のヘイトコメントが寄せられていることだ.このようなクイズ問答で質問時間をつぶすのは税金の無駄づかいだ,というような意見もあった.ある議会で同議員は居眠りをしていたという指摘もあった.しかし多くは単に罵詈雑言を並べた,読むにたえないコメントだ.

 居眠りが良いとは私も思わない.しかし選挙で投票するとき,その候補者が会議中に居眠りをするかどうか,などという基準はほとんど意味をなさない.安倍首相への今回の質問を見る限り,小西議員は議員としての仕事をやっている.提灯持ち質問でダラダラと時間を潰すような議員たちこそ,もっと批判されねばならない.仮にその人が居眠りを決してしない無遅刻無欠勤議員であったとしても,議員としての仕事をしているとは評価できない.ヘイトコメントを書いた人たちは,基本的な価値判断を誤っている.

 クイズについて書くつもりだった.
 昨今はテレビでクイズ番組とかクイズ形式の質問をよく見かける.リモコンのボタンを使って視聴者も回答できる参加型のクイズもある.正答しなくてもどうってことはないような質問もけっこう多い.「当たった」「ハズれた」と一喜一憂したり,「今日はまだ一問も間違えてないゾ」と威張ってみたり,まあ結構それなりに面白い.

 こういう番組が多い1つの理由は,技術の進歩で,送信 > 受信の一方通行でない「双方向」の通信が可能になったことだ.そして,もう1つ考えられる理由は,視聴者が「質問に答える」ことの楽しさを発見したことだ.

 この楽しさは学校教育では,あまり味わえない.正答率によって「できる子」「できない子」というような評価が下されたり,自分の進路が左右される.正答率を上げようと親や先生は「頑張れ」を連呼する.これで楽しいわけがない.

 勉強とは,本当は楽しいものだ.今の学校教育の中で子供は「頭を使う」ことの楽しさを奪われている.テレビ番組が相手なら,「頑張れ」などと強制されることもなく,自由に思考し回答できる.学校で味わえないこの楽しさを,テレビが提供してくれる.それがクイズ番組流行の,もう1つの理由だろう.

 さらに言うならば,今のテレビは政治について語らない.語る場合には「そのスジ」に非常に遠慮しているように見える.どういうニュースを報道するかについても,ずいぶん配慮している.つまり報道機関としての役割を,今のテレビはほとんど放棄していると言ってよい.その結果,人畜無害のワイドショーやクイズ番組がもてはやされることになる.

 安倍首相も,そういう番組を思い出して,「クイズのような」と答弁したのかもしれない.クイズ番組の質問であれば,正しく回答できなくても,何の恥じることもない.議会での小西議員の質問は,そうではなかった.それを「クイズのような」としか連想できなかった首相の不見識こそが問われねばならない.

あと2ヶ月

POP02-2.jpg
 あと2ヶ月だ.安倍首相は多分そう考えている.安倍政権や自民党が好意的に報道され,国民が好意的に受け取る.そういう状況が,あと2ヶ月続けば良い.
 安倍氏の目標は憲法改正.そのためには参院選で大勝すること.それまで残り2ヶ月.支持率の維持に最大の配慮をする.それが安倍氏の基本方針でしょう.

 4月4日の朝日新聞に,「点検100日,安倍政権」と題した記事が出た.
 この記事によると昨年12月,衆院選で手応えを感じていた安倍氏は,側近の人たちと協議.ひそかに1枚の「工程表」を作った.
 そして衆院選での大勝利.以後の政権運営は,大略この工程表どおりに進んでいると,この記事は伝えている.
 もちろんTPPへの参加表明も,この工程表にしっかり書かれている.地方では自民党の候補者が「TPPに反対」を声高に叫んでいた時にだ.安倍氏は積極的にウソをついたのではないかもしれない.しかし自分の方針と逆の公約?を党員が宣伝しまくっているのを,党総裁でありながら黙認した.沈黙しておくほうが選挙に有利という計算があったのでしょう.

 マスコミも安倍氏の思惑通りに動いてくれている.経済政策を「アベノミクス」と持ち上げ,円安や株高などの「成果」を大きく報道する.尖閣諸島などの報道はほとんどアジテーション.憲法記念日には憲法改正の議論を盛り上げた.連休後半は閣僚が外国を訪問した成果を宣伝する.
 毎日何百トンだかの汚染水を出しているという福島原発はどうなったのだろう? 一部で大きく取り上げられていたTPPの問題は? 日本国民はマスコミが何を報道するかだけでなく,何を報道してないかにも注意せねばならないようだ.

 憲法改正のため安倍氏が採用している手法が,改正のためのハードルを下げること.憲法96条である.憲法改正手続きの第1段階.現行では衆参両院でそれぞれ2/3の賛成が必要とされている.それを1/2にしようという案だ.
 改正手続きの第2段階は,国民投票で1/2の賛成が必要というもの.これについては既にハードルを下げている.つまり2007年(安倍氏が前回首相だったとき)に,「憲法改正国民投票法」を成立させ,有権者のではなく,有効投票数の1/2の賛成で,憲法を変えられることにした.
 本当に変えたい条項があるのに,それはさて措いて,まず変えるためのハードルを下げる.これが彼の手法であり,2007年と今回とで,その手法は一貫している.とはいえ,この手法といい,上記TPPの一件といい,安倍氏は政治家としてあまりに姑息であるように思う.

 すべては参院選までの人気取り政策.そういう視点からの冷静な眼が必要だ.だから今は個別の論争にあまり目を奪われないほうが良い.たとえば,アベノミクスは国民を豊かにするどころか,経済破綻をもたらすのでないかと心配する声がある.心配ご無用.自民党の人気が,あと2ヶ月保てれば良いだけのこと.選挙から以後に何が起こるかなどは,安倍氏の眼中にはない.
 朝日新聞の上記記事によると,安倍氏の工程表は参院選までで終わっているそうです.
メッセージを送る