So-net無料ブログ作成

ある集会にて

 7月25日,高知市の中心部で,安保法制に反対する集会とデモが行われた.このとき沖縄出身の女子学生が演壇に立った.その演説がたいへん良かったので,ここに紹介します.

(ここから)
 私がじいちゃん、ばあちゃんから聞いた沖縄戦の教訓、それは、戦争とは国と国の勝ち負けではないということ、戦争とはただの殺し合い、また一般市民からしてみれば虐殺だということです。兵士の仕事は敵を殺すこと。戦場では、自分が死ぬ覚悟で相手を殺さなければならない。そうでなければ相手に殺られます。とにかく動くものが敵であれば迷わず殺せ、それが兵士だ。兵士は市民を守るようなものじゃないと、おじー、おばーたちは繰り返しいってきました。

 互いの国の兵士がひたすらに殺し合った結果、沖縄では一般市民の4人に一人がその犠牲となりました。

     *     *     *

 なんでそんなことになったのか。それは、沖縄に日本軍が集中していたからです。

 「日本にとって、沖縄は絶対取られるわけにはいかない」。当然ですが、当時そういうことが盛んにいわれていました。しかしそれは、本土への侵略を阻止するためになんとしてでも沖縄で戦闘を食い止めなければいけない、というのが本音でした。だからアメリカの目が本土に向かわないように、沖縄に集中的に配軍したのです。アメリカはもちろんそこをぶっ叩きに行きました。先ほども言ったように兵士の仕事は敵を殺すこと、軍隊のあるところに攻撃が向かうのです。そして、案の定市民は守られなかった。こうして沖縄は戦場になりました。

     *     *     *

 先日衆議院が採決した安全保障関連法案には、集団的自衛権の行使容認が盛り込まれていますね。日本の自衛隊がアメリカ軍と一緒になって、アメリカの戦争に援助・協力する、せざるを得なくなるという法案です。

 ちょっと考えてみてください。例えばアメリカが中東で戦争をする。それに日本が協力する。それは前線ではないかもしれません。しかし、相手にとって敵は敵、アメリカ軍に協力する自衛隊ももちろん敵です。自衛隊も軍隊とみなされ、殺すべき敵として狙われます。

 さらに憎しみの矛先は自衛隊に限られない、それを送り出した私たち日本人すべてが攻撃の対象となります。そうしたらどうなるか。

 おそらくその戦争の補給基地となる、日本の米軍基地や自衛隊の基地が狙われます。殺られる前に殺れ、まずは敵の拠点をつぶせというのは軍事の基本です。もしかしたら、テロの形をとるかもしれない。いずれにしろ、自衛隊はそれを迎え撃つでしょう。しかし、住民が巻き込まれるのは避けられません。そんな事態になれば攻撃してくる方も捨身です。自衛隊に市民を第一に守る余裕などないでしょう。

 軍隊は市民を守らない、そして軍隊のあるところが戦場になる。この法案の成立によって、沖縄の悲劇が繰り返されようとしています。もっとも、それは沖縄だけに限った話ではありません。日本全土の話です。

     *     *     *

 安倍さんは、集団的自衛権は抑止力の強化に必要だといいます。つまり、日米間の軍事的協力関係を強めることによって、周辺諸国が(言わないけど、たぶん中国ですよね)うかつに攻撃できないようにする、と。でも先ほどから言っている通り、軍があるから攻撃されないというのは子供だましです。

 抑止力というのは、攻撃するメリットよりデメリットの方が大きいようにみせる力、効果のことです。いま、どこかの国が日本に攻めてきたとして、それにどのくらいのメリットがあるでしょうか。日本は戦後70年間、非戦の国として各国に受け入れられてきました。しかもそれで先進国としての地位にいる。そんな国に攻め入るなんてリスクが高すぎます。世界中からバッシングを受けるのは目に見えているでしょう。私は、抑止力とは憲法9条だと考えます。いまこそ、9条の抑止力としての価値を私たち自身が自覚すべき時ではないでしょうか。

     *     *     *

 安保法案の成立とともに、憲法を骨抜きにしようと邁進する現政権。少しずつ戦争への道を切り開いていこうとしているのは、もう隠す気もないようにみえます。首相は戦争ぐらいできないと一人前の国家にはなれないとでも思っているのでしょう。そんな前世紀で終わった国家像を持ち出されても、正直戸惑うばかりです。ムリです。

 戦争が儲かるのは事実です。ミサイル一つ落とすだけで莫大なカネが生まれますし、戦争という一つの目標に向かって国民を無我夢中に働かせることもできます。さらに、軍事力を背景に大企業を無理やり海外に進出させることだってできます。でも、その利益が多くの国民のもとに下ることはないでしょう。そんな国で、そんな状況の下で暮らしたいですか?

     *     *     *

 東日本大震災。あのとき、日本が大きなピンチに直面した時に、世界中から応援の声が届き、救いの手が差し伸べられました。あれこそが、日本が平和憲法によって手に入れた大きな成果だと思います。(ここ高知にも地震の心配はあります。近隣諸国と仲良くすることは、減災であるともいえるでしょう。)戦争をしない国とは、敵をつくらない国。戦争をしない国こそが、無敵の国です。たくさんの国から協力を得られると同時に、沢山の国に貢献することができる。いまだかつてそんな国があったかはわかりませんが、それを実現する可能性を、この国は大いに秘めていると思います。

 以上のように、私は安保法案に反対します。今日は、どうもありがとうございました。
(ここまで)

戦争はカネがかかる

 もし中国が攻めて来たら,ボクは,君は,日本政府は,どのように対処したら良いでしょうね.「抑止力なんだ.実際に戦争をする訳がない」などとは言わないでくださいネ.さまざまな「もし」があります.想定外のことも起きるでしょう.日本から仕掛けておいて,中国がやったかのように偽装するパターンもあり得る.武力衝突が起きれば,「憲法を変えろ」という世論が日本では盛り上がるでしょう.安倍さんは目的(憲法改正)のためには手段を選ばない人ですからね.

 もし中国が攻めて来たら,「ガツンとやっちまえば良いんだよ」と考えてませんか? 中国とのリアルな戦争を想像してください.

 戦争ですよ.戦争とはカネがかかるもの.日本政府は貧乏だと思っていたけど,戦争をするカネはあるんですか? 消費税を上げたうえに,福祉などの出費をさんざん削減していますね.そうか,あれは戦争の準備だったのか.

 太平洋戦争のとき日本国民がどれだけ貧しい生活を強いられたか,聞いてませんか? 戦争とはカネがかかるもの.国民生活はガマンを強いられます.君はそういう状況に耐えられますか?

 そして戦争は,やっぱりカネのあるほうが勝つでしょう.この点でも今の中国,なかなか手強いですよ.単純に考えれば,中国が勝つでしょう.その昔,お金持ちの国アメリカには勝てないことを十分以上に予想していたのにアメリカにケンカを売った.それほど日本人は愚かであった.今の日本人は当時より賢い? 本当に?

 今度は負けない.日本の後には米国がついているから? その代償について考えたことがありますか.今まではカネで済んでいた.これからは米国の要請に応じて軍隊を差し出さねばならない.軍隊の仕事は人殺しです.こちらが殺されるかもしれない.そして戦争はカネがかかる.つまり日本国民は,人間としての良心と,同胞の生命と,そしてカネと.すべてを米国に捧げることになる.

 すべては安倍晋三の夢,すなわち憲法改正という大目標のためです.アベノミクス,オリンピック招致,原発事故の過小評価,報道規制.この大目標のために彼は手段を選んでいません.何でもします.戦争もするでしょう.

 世界のマスコミ人たちが眉をひそめている,日本のマスコミ人たちとの「会食」で安倍晋三は,集団的自衛権を行使して,米国と一緒に,南シナ海で中国をたたく,と豪語したそうです.
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2015-06/29/content_35934446.htm

 常識を疑う発言です.いいですか? 戦争をします,と言ったんですよ.なるほど安保法制は戦争法.作った法律は使ってみたくなるものです.

 で,戦争には,誰が行くんですか? 安倍さんは行かないでしょう.法案に賛成した国会議員も行かない.行かされるのは国民です.自衛隊員だけの仕事だと思ってませんか? 戦争は計画通り進まないものです.戦闘員を増やす必要が生じるかもしれない.そしたら皆さんが,特に自民党や公明党に投票した皆さんと,選挙を棄権した皆さんが行ってくださいね.

蛇足.
「晴耕雨読」に兵藤正俊さんの発言が出ている.
http://sun.ap.teacup.com/souun/17881.html

(以下転載)
公明党の山口那津男には、びっくりするね。
あれで宗教人なのだろうか。
生命への尊厳、生けるものへの慈しみもないと思うよ。
戦争は人殺しだからね。

戦場に出れば、「殺さねば殺される」戦場のことわりが支配するのだ。
殺される自衛隊員。殺された相手国の人間に対して、山口はどう償うのか。

戦争法案に賛成した国会議員は、自衛隊員と一緒に戦場に行くべきです。
「おれが法律を作ったから、お前は行って死ね」は理不尽ですよ。
最低限度、率先垂範してください。

おかしいではないですか。
作った本人が長生きするのは。
それに自衛隊員が殺した人間は、あなたが殺したも同然なのです。
(転載おわり)

「もし」vs「あり得ない」論争

 安保法制(戦争法案)は憲法違反だ,という意見は今ひとつ説得力がない.

 専門家に言われなくても,憲法違反だろうとみな思っている.これを合憲だなどと言う人は「私は日本語が読めません」と公言しているようなものだ.ただ,日本を取り巻く政治状況が変化している.もし中国が攻めて来たらどうする? 9条は日本を守ってくれますか?

 だから憲法改正が必要だ,という意見がある.しかし話を進める前に,指摘しておきたいことがある.

 「もし某国が攻めて来たらどうする?」「いや,それはあり得ない」という論争は,まず間違いなく前者が勝ちます.今の日本人は,まさにこの論争をやっているわけです.「もし」派と「あり得ない」派との論争,と呼ぶことにしましょう.

 「あり得ない」派は,たとえばこう言うのでないでしょうか.日本を攻めてもメリットがないし,あまりに大きなカケである.だから中国が対日戦争を始めるなんてあり得ない.こういう議論に対して「もし」派はいくらでも反論できる.今の中国は危険である.もし中国の指導者が,常識的な判断力を欠く人だったらどうする? こちらが想定してない悪条件が重なって...という可能性は常にある.日本人が原発事故から学んだ通りだ.

 「もし」派のほうが絶対強いと私が思う第2の理由は,現実に歴史を見れば,やはり「もし」派のほうが勝っているからです.その結果,軍備拡張が選択される.すると国境で緊張が高まり,やがて戦争が起る.こういう事が起きたのだという「過去の反省」を踏まえない限り,「もし」vs「あり得ない」でのっぺらぼうに論争すれば,「もし」が勝つ.そういうことだ.

 ナチスの手法を真似れば良い,と発言したのは麻生太郎.じつに正直な人です.大嘘つきの安倍晋三にない人間的魅力がある.「ナチスの手法」とはトンデモな発言だけど,今の安倍政権がやっていることは,まさにナチスの政策をそのまま踏襲している.このことを見ておくことには意味があると思う.ヒトラーの下で国家元帥等を務めたヘルマン・ゲーリングは,次のように言っている.

- もちろん一般市民は戦争を望んでいない.(中略)しかし,結局,政策を決定するのは国の指導者達であり,国民をそれに巻き込むのは,民主主義だろうと,ファシスト的独裁制だろうと,議会制だろうと共産主義的独裁制だろうと,常に簡単なことだ.
(中略)
国民は常に指導者たちの意のままになるものだ.簡単なことだ.自分達が外国から攻撃されていると説明するだけでいい.そして,平和主義者については,彼らは愛国心がなく国家を危険に晒す人々だと公然と非難すればいいだけのことだ.この方法はどの国でも同じように通用するものだ.

 隣の民族の,悪い情報を流し続け,わが民族の優秀性を植え付ける.これがナチスの宣伝相ゲッペルスの手法だったことも記憶しておこう.このようにしてドイツ国民は洗脳され,戦争賛成へと導かれて行った.

 今の日本に思い当たることはないだろうか.テレビは「日本はこんなに素晴らしい」ばかりを強調してないだろうか.中国人を軽蔑したり敵視するような報道が多くないだろうか.

 次に,君自身はどうだろう.「だから中国人はダメなんだ」と2言目には口走ってないか? 中国は脅威だ,と思ってないか? もしそうならば,ひょっとして自分は「ナチスの手法」で洗脳されているのでは,という可能性を考えたほうが良い.何度も書くけれど,安倍政権はいろいろな点で「ナチスの手法」を踏襲している.一歩退いて冷静に,いま自分が置かれている情報環境を検討して欲しい.

 お前のほうこそアカ新聞に洗脳されてるんだ,と言われそうですね.いま日本の言論世界は急速に右傾化しています.政府与党やその支持者たちから,10年前には考えられなかったような発言を頻繁に聞くようになった.ここ数年の,つまり安倍政権が発足して以後の現象です.これは「作られた危機」だと私が考える1つの理由です.それに私は,かつて日本人やドイツ人がどのように,あの戦争に導かれたのか.いま同じ失敗を繰り返してないだろうか?という話をしています.日本人は過去と全く同じ失敗をくり返そうとしている.日本を失敗に導いたのはアカ新聞ではありません.

 ここまで書いても,「いや,自分は自分の頭で判断しているのだ.マスコミの宣伝などに流されたりはしない」と,君はきっとそう思っていることだろう.まことに,こういう「自信のある人」こそ,サギの手口に引っかかり易いのだけど,まあ言っても無駄でしょう.

 1970年代を境界に,日本人は国際社会に対し「自信」を持ち始めた.それまでの日本人は劣等感のかたまりだった.しかし’70年代,経済的な大発展を背景に,いろいろな分野で,日本人の活躍が目立ち始めた.彼らは各々の専門分野で,劣等感を引きずりつつ,さまざまな試行錯誤を繰り返した.マンガやアニメが大きな変貌を遂げたのも,そういう努力があったればこそだ.こうした発展をささえた多くの人たちは,もう亡くなっているか,または高齢者として社会の邪魔者扱いされている.今の日本人は世界に対する劣等感のようなものを持ってない.根拠のない自信ばかりが拡大している.そして,もう一度書きます.こういう「自信のある人」たちこそ,サギの手口に引っかかり易いものです.

 長くなるので,今日はここまでにしておきます.

ナチスの手法と憲法改正

 「重信川の岸辺から」というブログがある.愛媛県松山市の郊外を流れる川をたしか重信川というので,ブログ主は松山市近郊にお住まいの方だろう.と思うけれど,住所はこの際関係ない.

 このブログの中で「ナチスも「平和の陸軍」」という記事が目に止まった.出典は池田浩士「ヴァイマル憲法とヒトラー」という本らしい.ブログによると,ヒトラーは政権を獲得してから戦争に向けて準備をした.その時に「常備軍」を「フリーデンスヘーア」と名付けた.
http://plaza.rakuten.co.jp/mz5na/diary/201507040000/

 フリーデンスヘーア.元のつづりはFriedensheer だろうか.Frieden は「平和」という意味. Heer は「軍隊」.つまり「平和の軍隊」.これがナチスの軍の呼称であった.

 と書けば,最近の日本で思い当たることがあるでしょう.安倍首相は自分の政策を「積極的平和主義」と呼んでいる.いま国会で審議されている安保法制には「平和〜」という名称が使われている.

 ナチスの手法を採用すれば良い,と言ったのは麻生太郎.この正直すぎる男は,最近は影が薄い.自民党内では議員のマスコミ出演を抑制し,トンデモな失言(つまり本音)がマスコミにさらされないよう,今は細心の注意を払っているように見える.つまり「強行採決」が間近だということだろう.

 ナチスの手法を使え,とはトンデモ発言だけど,現実の施政はその通りに進行している.憲法違反の法律を作って,憲法そのものを空文化,無力化してしまおうという姿勢は,ヒトラーがワイマール憲法に対しやったことそのまま.自国民族の優秀性と,他民族への軽蔑と憎しみを宣伝し,近隣国の脅威を煽る.その手法もナチスそのまま.

 そして戦争のため準備しているものに「平和」と名付ける.この手法もそっくりだ.

 そういう話であれば,安倍政権が今後何をするかも予想できるかもしれない.ブログ「ジャーナリスト同盟」が小西議員(民主党)の発言を紹介している.次のステップ.それは:

 「ずばり安倍戦争である」と小西は鋭い予測分析をした。頷くほかない。ヒトラーもそうだった。即座に隣国への侵略を開始した。国民の反対を、戦争で封じ込めてしまった。
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52109634.html

 以下,この記事から勝手に抜粋転載します.

(以下少し改変して転載)
1. 安倍・国粋主義の最終目標は、9条解体である。祖父のA級戦犯の遺言でもあった。それを財閥と公明党・創価学会の力で実現しようとしている。(中略)憲法の平和主義を放棄することが、財閥と国粋主義(日本会議)の悲願なのである。

2.9条改憲には主権者である有権者の過半数の賛成が必要となる。これを達成するためには、どうしても国民の頭脳を変えなければならない。民族主義化である。国家・国粋主義に傾倒する日本人にする必要がある。そのための投票権の低年齢化でもあった。

3.アジアの平和と安定が損なわれる時代の到来である。これに手を貸す公明党である。創価学会が創立した公明党が、戦争法体制実現にのめりこんでいる.
(転載おわり)

 この3は公明党創価学会がいま果たしている犯罪にまで言及している.全く同感だが,今はそれ以上追及しないことにして,最も重要な指摘を復唱しておこう.

 [復唱]. 安倍晋三がやりたいこと.それは憲法改正.特に憲法9条の破棄である.アベノミクス,オリンピック誘致,その他すべて安倍晋三がやっていることは,憲法改正を目指している.彼のすべての政策は,この脈絡で理解されねばならない.
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。