So-net無料ブログ作成
検索選択

選挙協力と共産党アレルギー

 長らくブログの更新をサボっている.理由はいろいろあるが,書くべきことが多くて,焦点を絞れないということもある.

 共産党が選挙協力を呼びかけた.民主党はこれを拒否した.理由はいろいろあるのだろうけれど,私には理解できない.想像するに,民主党の内部に「共産党アレルギー」とも言うべきものがあって,これが相当に根深いのかもしれない.そんな理由で?とあきれてしまうけれど,多分これが真相に近いのではないだろうか.

 共産党は日本を中国や北朝鮮のような国にしようとしている? そうかもしれない.しかし中国や北朝鮮が,日本が目指すべき理想の政治体制でないことは,当の共産党も含め日本人はみな良く知っている.では共産党が理想とする政治体制はどういうものか?

 それはですネ,というふうに簡単に解説できる人がいるとも思えない.この話を始めたら,机上の議論ばかりが横行することになる.何年たっても結論は出ないでしょう.今そういう話をしないといけないのだろうか? いま本当に必要なことは何だろう.

 それは次回の選挙で自民党に勝たせないことだ.できれば野党が政権を握り,かの戦争法(安保法)を廃棄することだ.そのためには野党の選挙協力が絶対に必要だ.

 今まで野党が選挙協力できないのは,共産党が独自候補を立てるからだ,と私は思って来た.今回,共産党はそれをやめると言う.「安保法制の破棄」という1点で選挙協力を提案している.候補者は日米安保体制を許容する人や,自衛隊を合憲だとする人でも構わない.仮に野党が政権をとった場合でも,大臣の椅子を求めない.そこまで言っている.

 本気である.安倍政権をこのまま暴走させてはいけないという,はっきりした危機感に基づく大英断である.今まで選挙協力を頑に拒否して来た政党が,ここまで譲った.ここまで言われたら他の野党は,まず拒否することはないだろう,と私は思った.ところが民主党は選挙協力をしないと言う.

 岡田さんや細野さんが何やらごちゃごちゃ言っている.私には彼らの言葉が理解できない.要するに,「共産党だからダメ」ということでしょう.その偏見,先入観から一歩も外に出ることがない.当座の風向きや力関係を読んで,百年の仇敵とでも,組むべき時は組む,という政治家的センスがない.

 国民の,安倍政権に対する批判や不満は,著しく大きくなっている.しかし選挙となったら,投票すべき野党がない.だから結局は自民党が勝ってしまう.高まる不満と,現実には選挙で結果を出せないという焦燥感.それが多くの国民が感じていることです.今の民主党の姿勢は,この焦燥感を絶望に変えるものでしかない.

 そもそも今の安倍独裁政権の行方に対し,岡田さんはどの程度の危機感を持っているのだろうか? 日本から言論の自由が失われ,民主主義が失われ,国民は戦争に狩り出される可能性もある.今の日本は戦前の日本とあまりに似ている.岡田さんや細野さんの姿勢からは,そういう危機感を読み取ることができない.

 逆に,もし民主党と共産党が選挙協力に踏み出せば,状況はガラリと変わる.自民党の議員は真っ青になるでしょう.野党が多数派となる可能性のほうが高くなる.民主党は与党の主要な一員として,大きな発言力をもつことになる.

 いま「選挙協力をしない」のは,ひょっとして岡田さんは戦争法(安保法制)に賛成なのだろうか,という疑いを抱かせる.本当にそうであるなら仕方ない.私としては,「民主党は安倍の応援団だ」というキャンペーンを張って,民主党に票を入れないように国民に訴えて行くことにする.他に選択肢がないのです.

 そうでないことを願います.共産党との選挙協力.ぜひとも再考をお願いしますよ,岡田さん.
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。