So-net無料ブログ作成

性の効用

生物には性(sex)がある.なぜ性があるのか? なぜオスとメスなのか? その他,性をめぐる疑問は,生物学の大きな課題である.

 セックスによって子孫を作る.これを有性生殖という.有性生殖は通常,減数分裂と受精とから成っている.受精とは2つの細胞核が融合して1つになる現象.

 有性生殖の反対は無性生殖.細胞が分裂して増えたり,イモから芽が出て植物体を作ったり,いろいろある.しかし共通していることは,減数分裂も受精もないこと.細胞が分裂して増えることだけに依存して生物が増殖して行く.これが無性生殖.

 有性生殖によって生物は遺伝子を混ぜ合わせる.それによって多様な遺伝子の組み合わせができる.有性生殖がもたらすものは多様性だ.これは無性生殖が単にコピーを作ることと対比される.多様性は生物が病原体と戦ううえで必要なのだ.だから生物にはセックスがあるのだ,と主張するのが「赤の女王」説.

 さて,ゾウリムシの接合を調べれば,有性生殖には「遺伝子の混ぜ合わせ」のほかに,もう1つの働きがあることが推測できる.それは「若返り」だ.


 ゾウリムシの接合は有性生殖である.つまり減数分裂と核の融合を含んでいる.接合をしたゾウリムシは若返る.そして活発に分裂を重ね,やがて再び「成熟」する.つまり接合が可能な状態になる.この段階で首尾よく接合できれば良いけれど,実験的にゾウリムシが接合できないようにすることもできる.接合できないまま分裂を重ねると,やがて分裂の頻度が落ちてくる.つまり「老化」が起こる.そして,やがて死に絶えてしまう.

 なぜ接合(有性生殖)によって若返るのか? そもそも老化とは加齢とはどういう現象なのか? これらの問題解明に,ゾウリムシは絶好の研究システムを提供してくれている.
nice!(0)  コメント(1) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。